HOME » 乳酸菌は植物性or動物性どちらが良いの?

乳酸菌は植物性or動物性どちらが良いの?

ひとことで乳酸菌といってもさまざまな種類がありその効果や性質も違っています。

そこでこのカテゴリーでは、乳酸菌を大きく植物性と動物性に分類してその違いについて解説していきたいと思います。

植物性と動物性の違いを知ろう

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌は、その由来や関連する糖分・生活環境など、様々な点で違いがあります。

植物性乳酸菌

主に植物に由来して作られ、味噌、納豆、キムチ、ぬか漬けなど発酵食品に含まれている乳酸菌。

特徴

  • 栄養とする糖分・・・多糖類(ブドウ糖・果糖・ショ糖など)
  • 他の細菌とも共存できる
  • 生命力が強く比較的過酷な環境でも生きていけるため生きたまま腸までたどり着ける。

動物性乳酸菌

チーズ、ヨーグルトなど動物性の食品に含まれている乳酸菌。

特徴

  • 栄養とする糖分・・・乳糖
  • 他の細菌と共存できない
  • 比較的生命力の弱い菌なので腸まで到達できないことが多い。

こうしてみると、植物性乳酸菌だけで良いのではないかと思いがち。

しかし、実は動物性乳酸菌は、植物性乳酸菌を活性化して減菌する働きを持っていることがわかっています。

動物性乳酸菌には免疫力を高める効果もあることから、どちらもバランスよく摂取することが大切だと言われているのです。

菌の種類にはどんなものがあるの?

植物性ラクトバチルス菌と動物性ラクトバチルス菌にはいくつかの種類があることがわかっています。

そこで、どんなものがあるのか紹介しましょう。

植物性ラクトバチルス菌

  • ラクトバチルス アシドフィルス/L92株
  • ラクトバチルス カゼイ/シロタ株・K-1株
  • ラクトバチルス ガセリ/SP株
  • ラクトバチルス プランタルム/ANP7-1株
  • ラクトバチルス ブレビス/ラブレ菌
  • ラクトバチルス ブフネリ

動物性ラクトバチルス菌

  • ラクトバチルス セルブリュッキー 亜種ブルガリクス/2038株
  • ラクトバチルス ヘルベティクス/CM4株
  • ラクトバチルス ラムノーサス/LGG菌

ラクトバチルスという名前は菌属という分類で、いろいろな種類がある乳酸菌を大きく分けたもの。他にもビフィズス菌属や乳酸球菌属などがあります。

次に分類されるのが菌種で、カゼイやアシドフィルスなどを指しています。

そしてさらにそれらの菌種を分類したのが菌株であり、最小の単位とされています。それぞれにシロタやラブレなどがあります。

ここでは代表的なものを挙げましたが、実際にはもっとたくさんの菌株が発見されており、さまざまな研究が行われているのです。

アトピー・アレルギー

アレルナイトプラス

アレルナイトプラス

アトピー・アレルギーのかゆみを解消し、夜しっかりと眠れる効果がある乳酸菌ラクトバチルス・パラカゼイを配合

公式サイトを見る

お通じ・インフルエンザ予防

植物性乳酸菌ラブレ カプセル

植物性乳酸菌ラブレ カプセル

腸内での生存時間が長く腸内環境をしっかりと整え、便秘の解消をするラブレ菌(KB290株)を配合

公式サイトを見る

免疫力のアップ

ラクトプランL-137

ラクトプランL-137

カラダが本来持っている免疫細胞を活性化させる働きがある加熱菌体HK L-137を配合

公式サイトを見る

ページのトップへ