免疫力のアップ

このページでは、乳酸菌の一種・植物性ラクトバチルスの免疫力を高める効果と、その効果が高い菌株について詳しく解説します。

免疫機能と腸の関係

人間の体は、免疫というバリア機能に守られています。体の中のあらゆるところに、免疫細胞という体の防御の役目をしている細胞がいて、常に監視をしているのです。

毎日の生活の中で外からさまざまな細菌やウイルス、あるいはアレルギーを起こす原因となるアレルゲンが体内に侵入し、増殖しようとします。しかし、免疫が働きかけてそれを食い止め、健康を維持しているのです。

そして免疫機能が体の中で最も活発なのは腸であるということがわかっています。腸では体全体の70%ほどの免疫細胞が常に働いていて外からの侵入者と戦っているのです。

つまり腸は、私たちの健康を守っている最前線というわけです。

乳酸菌と免疫力アップの仕組み

免疫力アップイメージ画像アトピーや花粉症、あるいは食べ物や薬など、アレルギーに関係した病気や症状はたくさんあります。このアレルギーは、アレルギー反応といい、体の免疫機能が働いて起こることが分かっています。

アレルギーとは、外部から侵入してきた異物を「これは敵だ!」と認識して排除しようとする反応が過剰に働いたもの。

ただ、免疫機能は万能ではなく、時々暴走してしまうことがあります。体には免疫細胞の働きを抑える役目を持つ免疫細胞もあり、これらがバランスを取っているのが正常な状態です。

しかし、時としてこの免疫細胞のバランスが崩れてしまい、アレルギー反応が起こるとされています。これは腸の中の細菌のバランスが崩れることとも関係しているのです。

悪玉菌が増えて善玉菌が少なくなってしまうと、腸の免疫機能が衰えてしまいます。そこで大きな働きをするのが乳酸菌です。

腸の中で活発に働く乳酸菌が増えると、善玉菌の数が増えて腸内環境がよくなることがわかっています。これによって腸内環境のバランスがよくなり、免疫力がアップするというわけです。

つまり乳酸菌は、腸内のバランスを整え免疫機能を活性化してくれるということが言えますね。

免疫機能アップに効果的な菌株とは

免疫機能を高めてくれる効果が高いとされている代表的な菌株を紹介しましょう。

  • L-137
    ラクトプランL-137は、免疫力アップに特化してハウス食品が研究加工した乳酸菌です。L-137はリポテイコ酸という成分が他の乳酸菌より非常に多いことから、他の乳酸菌より免疫力アップ効果が高いことがわかりました。
    そのため腸の善玉菌を増やし風邪などの感染症の発症や症状の軽減に役立つことが報告されています。

L-137配合のサプリメントを見る

  • ラクトバチルス・パラカゼイ
    酒粕から分離された乳酸菌です。高い免疫力アップ効果があり、免疫機能の異常からくるアレルギー症状の改善に効果があるとされています。
    また整腸作用や便秘にも効果があり、強い芽胞のままで腸までたどり着くことができる心強い菌株です。

ラクトバチルス・パラカゼイ配合のサプリメントを見る

動物由来の免疫力を高める効果のある乳酸菌

  • ラクトバチルス・パラカゼイ KW3110株
    胃酸などの酸に強く生きたまま腸まで届き、腸の内壁に定着してくれる乳酸菌です。免疫細胞のバランスを整える働きに優れていて、アレルギー疾患などにも高い改善作用があるとされています。
    何らかの原因で菌が死んでしまったとしても、免疫を維持しコレステロール値を正常に維持する働きがあることがわかっています。

ラクトバチルス・パラカゼイ KW3110配合のサプリメントを見る

アトピー・アレルギー

アレルナイトプラス

アレルナイトプラス

アトピー・アレルギーのかゆみを解消し、夜しっかりと眠れる効果がある乳酸菌ラクトバチルス・パラカゼイを配合

公式サイトを見る

お通じ・インフルエンザ予防

植物性乳酸菌ラブレ カプセル

植物性乳酸菌ラブレ カプセル

腸内での生存時間が長く腸内環境をしっかりと整え、便秘の解消をするラブレ菌(KB290株)を配合

公式サイトを見る

免疫力のアップ

ラクトプランL-137

ラクトプランL-137

カラダが本来持っている免疫細胞を活性化させる働きがある加熱菌体HK L-137を配合

公式サイトを見る

ページのトップへ