便秘解消

このページでは、便秘に効果があると言われている植物性ラクトバチルス属の乳酸菌の効果のほどと特に効果的な菌株について説明していきます。

腸と便の関係

便秘解消イメージ画像乳酸菌は腸に働くということは、一般常識として今や知らない人はいないでしょう。しかし、具体的にその効果について知っている人は意外に少ないのではないでしょうか。

乳酸菌が腸に入るといろいろな効果を発揮します。例えば悪玉菌が増えるのを防いで、善玉菌を増やしてくれるというのも乳酸菌の大きな特徴といえますね。

本来腸は、免疫機能に大きな働きをしているほか、食事などから摂りこんだ食べ物のかすなどを便にして外に排泄する働きを持っています。便は食べ物が消化されて液状になったものから水分を抜き取られたもので、腸の中でバナナのような形に作られていきます。

腸の働きが悪くなると便から余分に水分が吸収されたり逆に水分が多すぎる状態になってしまいます。これが便秘と下痢の姿です。

乳酸菌はなぜ便秘にいいのか

腸の働きが悪くなると、便が固くなって便秘になったり便が柔らかすぎて下痢になります。

乳酸菌が腸に入ってくると、大腸に到達して糖分を餌にし、活発に働きます。このとき乳酸を生成するのですが、乳酸には腸を刺激する作用があるため、ぜん動運動という腸の動きを活発にしてくれるのです。

ぜん動運動は、くねくねと動いて水分を吸収しながら便をバナナ状にまとめて押し出していく運動のこと。

腸内に悪玉菌が増えると、腸のぜん動運動が衰えてしまいます。しかし、乳酸菌によって悪玉菌が減少し、善玉菌が増加して腸内バランスがよくなると、ぜん動運動が活発になり、便秘が解消されるというわけです。

したがって乳酸菌は、相乗作用で便秘を解消してくれるのです。

便秘に効果のある菌株

便秘に効果的な乳酸菌の菌株を紹介します。

  • ラブレ菌(植物性乳酸菌ラブレ カプセル)
    京都のすぐき漬けから発見された植物性の菌株です。腸内でも活発に働き続ける非常に生命力の強い菌で、腸の中で有益な多糖類をたくさん生成してくれる菌とされています。
    免疫力を高める効果にも優れ、腸内環境に大きく関係しているビフィズス菌を増やしてくれる働きがあります。

ラブレ菌(KB290株)配合のサプリメントを見る

  • LK-117株
    酒造会社が販売している米から抽出した乳酸菌LK-117株は、生きたままではなく芽胞として腸まで届いて働く乳酸菌です。腸内に入ったLK-117株は善玉菌の餌となって増殖を促し、腸内バランスを正常化して悪玉菌を抑制してくれる効果があります。
    善玉菌が増えることで腸の働きが活性化して便秘の解消につながるというわけです。

LK-117配合のサプリメントを見る

動物由来の便秘に効果のある乳酸菌

  • ラクトバチルス・ガセリSBT2055株
    ガセリ菌SP株ともよばれ、酸素がなくても生きていくことができる生命力の強い乳酸菌です。
    生きたままで腸まで到達する力が強く、腸内で悪玉菌を抑えて善玉菌を増やすことで腸内環境を整える力に優れています。

アトピー・アレルギー

アレルナイトプラス

アレルナイトプラス

アトピー・アレルギーのかゆみを解消し、夜しっかりと眠れる効果がある乳酸菌ラクトバチルス・パラカゼイを配合

公式サイトを見る

お通じ・インフルエンザ予防

植物性乳酸菌ラブレ カプセル

植物性乳酸菌ラブレ カプセル

腸内での生存時間が長く腸内環境をしっかりと整え、便秘の解消をするラブレ菌(KB290株)を配合

公式サイトを見る

免疫力のアップ

ラクトプランL-137

ラクトプランL-137

カラダが本来持っている免疫細胞を活性化させる働きがある加熱菌体HK L-137を配合

公式サイトを見る

ページのトップへ