アトピー

このページでは、植物性のラクトバチルス乳酸菌がアトピーにどのような効果を持つのか、そしてどんな菌株がより効果的なのかについて検証し解説していきます。

アトピーってどんな病気?

アトピー性皮膚炎などに苦しんでいる人は、全国でかなりの数に上るのではないでしょうか。

以前は子供によく見られていたアトピーですが、最近は大人にも見られ、さらには子供の頃は健康だったにもかかわらず大人になってから発症したという人もいるほど。

アトピーの原因はいまもまだはっきり解明されていないといいますが、遺伝やストレス、食生活などさまざまな要因が関係しているとされているのです。

そもそもアトピーは、単なる皮膚炎ではなくアレルギー反応が関係していることがわかっています。体の免疫機能のバランスが崩れたことによってアレルギーが起こり、それが皮膚症状として表れたのがアトピー性皮膚炎です。

なぜアトピーに効果があるのか

アトピーイメージ画像アトピー性皮膚炎になると、体の免疫機能の大部分を担っている腸の働きが衰えてしまいます。つまり腸の中のバリア機能が弱まるために免疫機能がうまく働かず、アレルギーの原因物質が体内に入り込んでしまうのです。

その物質に反応してアレルギー反応が起こり、皮膚炎を起こしてしまうのです。

乳酸菌は腸の調子を整える働きに優れています。

腸の中の乳酸菌が増えると腸の中の環境が一転して改善し弱っていた腸壁が修復されるためバリア機能が復活。

そうすると免疫機能が活性化され、アレルギーの原因物質を排除して侵入を防いでくれるため、アトピーが起こりにくくなるのです。

アトピーに効果的な菌株とは

では、どんな種類の乳酸菌が効果的なのでしょうか。ピックアップしてみましょう。

  • ラクトバチルス・パラカゼイ
    酒粕から分離された乳酸菌。アトピーや花粉症などのアレルギー性疾患に高い効果があると言われています。
    お菓子メーカーの亀田製菓が発見したことで知られ、安定した形で活きたまま腸まで届くことがわかっていて、整腸作用や便秘改善効果も期待できるとされているのです。

ラクトバチルス・パラカゼイ配合のサプリメントを見る

【動物性のラクトバチルス】

  • L-92乳酸菌
    子供への投与でL-92乳酸菌を与えたグループは、アトピーの症状が改善されたという報告があります。
    一般的なカルピスには含まれていませんが、カルピスアレルケアなどに配合されているのです。

L-92乳酸菌配合のサプリメントを見る

  • ラクトバチルス・ラムノーサス LGG
    高い抗アレルギー作用を持つ乳酸菌のひとつです。
    非常に生命力の強い菌なので、胃酸や腸液にも強く生きたまま腸まで届き活発に働くことができ、優れた整腸作用によって免疫機能を活性化してくれます。

アトピー・アレルギー

アレルナイトプラス

アレルナイトプラス

アトピー・アレルギーのかゆみを解消し、夜しっかりと眠れる効果がある乳酸菌ラクトバチルス・パラカゼイを配合

公式サイトを見る

お通じ・インフルエンザ予防

植物性乳酸菌ラブレ カプセル

植物性乳酸菌ラブレ カプセル

腸内での生存時間が長く腸内環境をしっかりと整え、便秘の解消をするラブレ菌(KB290株)を配合

公式サイトを見る

免疫力のアップ

ラクトプランL-137

ラクトプランL-137

カラダが本来持っている免疫細胞を活性化させる働きがある加熱菌体HK L-137を配合

公式サイトを見る

ページのトップへ