アレルギー

このページでは、アレルギーの緩和や改善に効果があると言われている植物性の乳酸菌であるラクトバチルス属について、その効果の内容や特に効果的な菌株についてわかりやすく解説していきます。

アレルギーと乳酸菌の関係

アレルギー反応と大きな関わりがあるのが、腸の働きです。体の免疫機能の大部分は腸が担っているため、腸内の環境が悪化すると免疫機能が低下してしまうのです。

人の腸内にはたくさんの微生物が住み着いていますが、その中で体に良い影響を与えてくれる微生物のひとつが、乳酸菌だと言われています。

乳酸菌が腸内で増えると、腸の働きを活発にしてくれるだけでなく、細菌のバランスも整えてくれるのです。悪玉菌の働きを抑えて善玉菌を増やしてくれるという効果もあります。

こうして腸の働きが良くなることで体の抵抗力が高まり、アレルギーの原因物質であるアレルゲンを排除する働きが強くなるのです。

乳酸菌がどのように作用するのか

アレルギーイメージ画像例えば花粉症を例にしてみましょう。

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉に対するアレルギー症状です。花粉の時期に体内に花粉が侵入してくると、体はそれを異物と判断します。

すると、免疫の主役である白血球が、花粉に対する抗体を生成。再び花粉が体に入ってきた時、今度は抗体が花粉にくっついて異物から体を守ろうと働きます。

ところが何らかの原因でこのバランスが崩れてしまい、抗体が過剰に作られると、体がアレルギー症状を起こしてしまうのです。

その時乳酸菌が腸の中で活発に働くと、崩れてしまった免疫機能のバランスを元に戻してくれることがわかっています。それだけでなく、腸の中の善玉菌を増やして免疫の力を高める作用もあるのです。

このように、生きた乳酸菌が腸の中にたくさんあると、アレルギーを抑える効果が期待できるというわけです。

アレルギーに効果的な菌株とは

それでは、アレルギーに効果のある植物性の乳酸菌・ラクトバチルス属の菌株を紹介しましょう。

  • ラクトバチルス・パラカゼイ
    亀田製菓が酒粕から分離して見つけ出した乳酸菌です。腸へ生きたまま届きアレルギー反応を抑え、腸内で行われている免疫活動を活発にする働きを持っています。
    免疫のバランスを整えて、アレルゲンを抑制する効果が高い乳酸菌で、花粉症などの不快な症状が悪化しなかったという報告もされています。

ラクトバチルス・パラカゼイ配合のサプリメントを見る

動物由来のアレルギーに効果のある乳酸菌

  • ラクトバチルス・パラカゼイ KW3110
    キリンが発見した乳酸菌で、アレルギーに特に効果があるとされています。異なる働きを持つ免疫細胞のバランスを整えアレルギーを抑えると同時に免疫力も高めてくれるといわれています。

ラクトバチルス・パラカゼイ KW3110配合のサプリメントを見る

  • ラクトバチルス・アシドフィルスL-92
    カルピス社が発見した人由来の乳酸菌です。花粉症や鼻炎、アトピーなどのアレルギー性疾患の人に一定期間服用してもらったところ、症状が改善したり薬の量が減ったなどの効果が見られました。主にヨーグルト飲料やサプリとして販売されています。

ラクトバチルス・パラカゼイ L-92乳酸菌配合のサプリメントを見る

  • ラクトバチルス・アシドフィルスL55
    ヨーグルトなどで知られる、オハヨー乳業が研究開発した人由来の乳酸菌です。
    胃酸に強く腸まで生きたまま到達する生命力の強い乳酸菌で、腸の中に止まりやすい性質を持っています。そのため腸内環境を整え悪玉菌を抑えて善玉菌を増やし、アレルギーを抑制する効果が期待できます。
    乳製品の中で増殖する乳酸菌といわれているため、ヨーグルトやサプリなどには配合されています。

アトピー・アレルギー

アレルナイトプラス

アレルナイトプラス

アトピー・アレルギーのかゆみを解消し、夜しっかりと眠れる効果がある乳酸菌ラクトバチルス・パラカゼイを配合

公式サイトを見る

お通じ・インフルエンザ予防

植物性乳酸菌ラブレ カプセル

植物性乳酸菌ラブレ カプセル

腸内での生存時間が長く腸内環境をしっかりと整え、便秘の解消をするラブレ菌(KB290株)を配合

公式サイトを見る

免疫力のアップ

ラクトプランL-137

ラクトプランL-137

カラダが本来持っている免疫細胞を活性化させる働きがある加熱菌体HK L-137を配合

公式サイトを見る

ページのトップへ