植物性ラクトバチルス乳酸菌とは

免疫に大きく関わる善玉菌

人の腸内で活躍する善玉菌の一種です。
漬物や酒かすなど発酵食品の中に含まれています。ラクトバチルス属は、たくさんの種類がある乳酸菌の中でも免疫など健康に大きく関わっています。
およそ70種類に分類されていますが、植物性のものは動物性よりも酸に強く腸まで届きやすいのが特徴。より多くの効果をもたらすとして注目されています。

植物性ラクトバチルス乳酸菌
えられる効果とは?

植物性のラクトバチルス乳酸菌は、わたしたちの腸内で重要な働きをする善玉菌の一種です。
乳酸菌というと、お腹の調子を整え、便秘を改善する整腸効果が有名。この乳酸菌には、整腸以外にも下記のような効果があります。

  • アトピー
  • アレルギー
  • 免疫力のアップ
  • インフルエンザ予防
  • 便秘改善
  • ダイエット効果
  • 美肌効果

植物性のラクトバチルス乳酸菌にはたくさんの種類(菌株)があり、それぞれ働きが違います。便秘の改善が得意な菌株や、アトピーのかゆみを抑える菌株もいるのです。
悩みに合わせた菌株を摂取するには、サプリメントを利用するのがおすすめ。手軽に効率よく摂取することができるのです。

植物性の乳酸菌は何が良いの?

植物性の乳酸菌は何が良いの?

乳酸菌は、糖と結びついて乳酸などの有機酸を生成する菌のこと。
この酸が体に有益な効果をもたらします。
乳酸菌と聞いてまず連想するのはヨーグルト。しかしながら、ヨーグルトは動物性です。牛乳やヨーグルトなどの動物性の乳酸菌は、胃酸に弱く、結びつく事ができる糖の種類が多くありません。
それに対して植物性の乳酸菌は、胃酸に強く、栄養が少ないなど乳酸菌にとって悪い環境であっても生存が可能。動物性乳酸菌よりも多くの効果を発揮するため注目されています。

ラクトバチルス属とは?

一般的に「乳酸菌」と言った場合、このラクトバチルス属のことを指すことが多いです。もともと人間の腸の中に住んでいるほか、漬物や味噌などの発酵食品の中に多く含まれています。
ラクトバチルス属とは、いろいろな種類がある乳酸菌を大きく分けた分類の1つ。
他にもビフィズス菌属や乳酸球菌などがあります。ビフィズス菌は悪玉菌を減らしビタミンを作りだす働き、乳酸球菌は、腸内環境を整える働きを持っています。ラクトバチルス属は、免疫機能への働きかけに効果を発揮します。さらに、菌属の中に、カゼイやアシドフィルスなどの菌種があります。
それらの菌種を分類したのが菌株であり、最小の単位です。シロタやラブレなどは菌株にあたります。

乳酸菌 動物性 (バター、チーズ、はっ酵乳などに含まれる) ラクトバチルス 乳酸球菌 ロイコノストック 植物性 (漬物などの発酵食品に含まれている乳酸菌) ラクトバチルス 乳酸球菌 ビフィズス菌

菌株によって得られる効果が違うため、悩みにあわせた菌株を摂取することが大切。
このサイトでは、悩みに合わせた菌株やサプリメントを紹介していますので、参考にしていただけたら幸いです。

お悩みにあわせたサプリメントを紹介

アトピー・アレルギー

アレルナイトプラス

アレルナイトプラス

アトピー・アレルギーのかゆみを解消し、夜しっかりと眠れる効果がある乳酸菌ラクトバチルス・パラカゼイを配合

公式サイトを見る

お通じ・インフルエンザ予防

植物性乳酸菌ラブレ カプセル

植物性乳酸菌ラブレ カプセル

腸内での生存時間が長く腸内環境をしっかりと整え、便秘の解消をするラブレ菌(KB290株)を配合

公式サイトを見る

免疫力のアップ

ラクトプランL-137

ラクトプランL-137

カラダが本来持っている免疫細胞を活性化させる働きがある加熱菌体HK L-137を配合

公式サイトを見る

その他のサプリメント

ラクテクト

ラクテクト

独自の技術「ダブルバリア製法」により、ラクトバチルスS-PT84株が腸までしっかりと届く。

ノアレ

ノアレ

アレルギーに効果が高いとされる、動物性乳酸菌「KW3110株」を配合。

ページのトップへ